HOME>注目記事>時間に制限のない仕事から忍耐が必要な仕事になる

辛抱が必要な仕事

虫眼鏡

昨今、日本での離婚件数が減って来ていると言う情報をしたのですが、よく調べてみると離婚をする件数は間違いなく少なくなっているのですが、その代わり結婚する件数も少なくなっていると言うのです。そのため離婚する割合は以前と同様で、3組に1組は離婚と言う状態が続いていると考えられます。離婚理由にはお金の問題も多いのですが、浮気や不倫と言ったことも少なくありません。そんな浮気や不倫現場をしっかり抑えることが出来ることで、離婚が成立することが多いのですが、その役目を担っているのが埼玉圏内で働く探偵です。素人では出来ない辛い張り込みも一人でこなすことが多い上、確実な情報を提供することにもなっています。確実な情報があるからこそ、離婚訴訟が出来る要因になっています。

仕事内容は多岐に渡る

双眼鏡を持つ人

埼玉県内にある探偵事務所での大きな仕事は、いろいろな調査と言うことになります。警察と違い捜査権などを持っていないことから、地道な調べが必要になり、辛抱のいる仕事となっています。アメリカなどと違い刑事向きの仕事はなく、民事関係の仕事が主なものと考えて良いのでしょう。その中には企業内容を知りたいなどの希望の他に、結婚相手の素上が知りたい、更に浮気を調べて欲しいなどのことが主な仕事と言って良いのかもしれません。

再犯防止の役目も

双眼鏡を持つ人

埼玉県内で仕事をする探偵には、公安委員会への届け出が必要となっており、これは全国共通な点となっています。探偵法が定められていることから、法に基づきながらの仕事をすることになります。最近の業務で増えたと言われるものに、ストーカーから守って欲しいと言う要請があります。この場合、ストーカーと言う証拠を見つけることで警察へ届け出を行い、警察の方処分を待つことになりますが、確実な証拠から再犯防止に役立っています。」